2021年12月16日

感染性胃腸炎 流行の兆しがあります!

● 感染性胃腸炎 流行の兆しがあります!

 

こんにちは、石澤那奈子です。

 

寒くなってきて、園内でも少しずつ体調不良のお子様が増えてきています。

 

中でも、感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルスなど)は、江東区内でも複数報告があがっています。

 

感染性胃腸炎は、例年11月頃から増加し始め、12月頃にピークを迎えると言われています。

 

2020年10月よりロタウイルスワクチンの定期接種が始まり、昨シーズンは検出されていないようです。

 

当園でも、お腹や便の不調を訴えるお子様が数名いらっしゃいますので、感染予防にご協力ください。

 

意見書や登園届の必要なご家庭は、左側のサイドメニューからダウンロードできます。


ご活用ください。

 

手洗い・うがいを適切に行い、感染症に負けないように気を付けましょう!